旅行業務取扱管理者の
通信講座を比較してみた

旅行業務取扱管理者 通信講座 料金 比較

 

旅行業界唯一の国家資格・旅行業務取扱管理者。難易度はそれなりに高いので十分な準備が必要ですが、どうせなら通信講座で一発合格したいところですよね!

 

旅行業務取扱管理者の通信講座では

 

  • ユーキャン
  • ヒューマンアカデミー『たのまな』
  • 資格の大原
  • 資格取得フォーサイト
  • 資格★合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 産業能率大学
  • JTB総合研究所

 

の8つが代表的で人気があります。

 

ではこれらの中で授業料が一番安いのはどこでしょうか?各社の教材やアフターフォローも気になりますよね。わかりやすく比較してみました♪

 

 

通信講座の授業料(安い順)

講座名 【国内】
料金
【総合】
料金

フォーサイト
旅行業務取扱管理者 通信講座 フォーサイト

24,800円

20,500円
※キャンペーン時

39,800円

37,900円
※キャンペーン時

たのまな
旅行業務取扱管理者 通信講座 たのまな

38,000円

48,000円

産業能率大学
旅行業務取扱管理者 通信講座 産業能率大学

39,080円

45,250円

JTB
旅行業務取扱管理者 通信講座 JTB

39,630円

45,800円

ユーキャン
旅行業務取扱管理者 通信講座 ユーキャン

51,000円

59,000円

クレアール
旅行業務取扱管理者 通信講座 クレアール

49,800円〜

64,800円〜

LEC
旅行業務取扱管理者 通信講座 LEC

54,000円〜

70,500円〜

資格の大原
旅行業務取扱管理者 通信講座 大原

70,000円〜

113,000円〜

 

 

旅行業務取扱管理者の通信講座で授業料が一番安いのは、フォーサイトの『旅行業務取扱管理者通信講座』でした。

 

↓↓フォーサイトの講師紹介動画(2:52)↓↓

 

フォーサイトは通常料金でも最安値ですが定期的に割引キャンペーンを実施しています。最大17%OFF(最大4,300円引き)になることもあるのでこまめにチェックしてみましょう!

 

 

>> フォーサイトの詳細はこちら

 

 

旅行業務取扱管理者の
通信講座を比べる3つのポイント

国内旅行業務取扱管理者 通信講座 比べる

 

通信講座の良し悪しは費用だけではありません。やっぱりキチンと理解できるかが大切!通信講座でチェックしておくべき3つのポイントを押さえておきましょう。

 

カリキュラムの期間は?

初心者が旅行業務取扱管理者の資格合格までにかかる時間は、

 

  • 国内管理者試験で100〜120時間
  • 総合管理者試験で150〜200時間

 

が目安とされています。通信講座の中には短期間で合格を目指す中級者向け・経験者向けの講座もあるので、無理なく勉強できるよう期間にゆとりがある通信講座を選びましょう。

 

テキストや教材は?

通信講座で最も差が出るのが教材です。講座のテキストがわかりにくくても途中で辞めることができないので、教材は事前によく比較しておきましょう!

 

教材の中では、まるで本物の授業を聴いているような『講義動画』が人気です。旅行業務取扱管理者は試験範囲が広いので、テキスト+『映像と音声』で身に付けるのが合格への近道。

 

サポート・添削フォローは?

通信講座と独学の大きな違いがサポートの有無。この制度をキチンと比較しないと独学と同じなので、学習を最大限フォローしてくれる講座を選びましょう!

 

見るべきポイントは

 

  • 添削課題は何回あるか?
  • 質問は何回までOKか?
  • 講師と直接やり取りできるか?
  • 受講修了後もフォローを受けられるか?

 

特に質問回数はチェックしておいた方がいいですよ!

 

【ひと目でわかる】
通信講座の比較表

講座名 期 間 教 材 サポート
ユーキャン

旅行業務取扱管理者 通信講座 ユーキャン 期間 ◎
(長め)

旅行業務取扱管理者 通信講座 ユーキャン 教材 ○
(初心者向き)

旅行業務取扱管理者 通信講座 ユーキャン サポート ◎
(手厚い)

たのまな

旅行業務取扱管理者 通信講座 たのまな 期間 ○
(普通)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 たのまな ◎
(初心者向き)

旅行業務取扱管理者 通信講座 たのまな サポート ○
(24h質問OK)

資格の大原

旅行業務取扱管理者 通信講座 期間 大原 ○
(普通)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 大原 ◎
(動画が充実)

旅行業務取扱管理者 通信講座 サポート 大原 ○
(WEB受講可)

フォーサイト

旅行業務取扱管理者 通信講座 期間 フォーサイト ○
(普通)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 フォーサイト ◎
(見やすい)

旅行業務取扱管理者 通信講座 サポート フォーサイト ◎
(質問回答早い)

クレアール

旅行業務取扱管理者 通信講座 期間 クレアール ○
(普通)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 クレアール ◎
(独自教材)

旅行業務取扱管理者 通信講座 サポート クレアール ○
(質問無制限)

LEC

旅行業務取扱管理者 通信講座 期間 LEC △
(短期間)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 LEC ○
(中級者向き)

旅行業務取扱管理者 通信講座 サポート LEC ○
(WEB受講可)

産業能率大学

旅行業務取扱管理者 通信講座 期間 産業能率大学 ◎
(長め)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 産業能率大学 ○
(JTB基準)

旅行業務取扱管理者 通信講座 サポート 産業能率大学 △
(WEB質問可)

JTB

旅行業務取扱管理者 通信講座 期間 JTB ◎
(長め)

旅行業務取扱管理者 通信講座 教材 JTB ○
(独自ノウハウ)

旅行業務取扱管理者 通信講座 サポート JTB △
(スクーリング)

 

期間は標準的なものだと

 

  • 『国内』で4ヶ月
  • 『総合』で6ヶ月

 

ユーキャンや産業能率大学がゆとりを持って勉強できる一方、LECは中級者向きのため少し短い設定になっています。

 

差が出やすいのがサポート。添削課題は各社あたり前にやっているので、オンラインサービス・質問回数無制限・進路指導など特徴が見られます。

 

 

初心者向きの
旅行業務取扱管理者通信講座は?

ユーキャン
旅行業務取扱管理者 合格指導講座


■通信講座の費用
@国内コース  :51,000円
A総合コース  :59,000円
B総合・科目免除:47,000円

 

■カリキュラムの特徴
ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座は、利用者の82%が初心者からスタートしています!予備知識が無い人でも理解できる初心者目線で作られたテキストなので安心。総合なら期間も8ヶ月と長め

 

質問はメールOK、添削課題では丁寧な個別アドバイスでしっかり実力アップ。試験の直前まで合格サポートを受けられます。自分のペースでゆったり学ぶならユーキャンがおすすめ

 

\資料請求無料!/

期 間 映像講義 評 価

国内:4ヶ月
総合:8ヶ月

あり
(WEB)

旅行業務取扱管理者,通信講座,費用,授業料

フォーサイト
旅行業務取扱管理者通信講座


■通信講座の費用
@国内  :24,800円20,500円
A総合  :39,800円37,900円
B科目免除:24,800円20,500円

 

■カリキュラムの特徴
フォーサイトは通信講座の費用が最安値!キャンペーン期間中はさらに値引きになるので、予算の都合で通信講座を諦めていた人にもピッタリ

 

教材は充実のフルカラーテキスト、いつでも視聴できる講義DVDなどコスパ良し。eラーニングシステム【道場破り】を使えば、通勤中にスマホ学習も可能!合格率は高く全国平均の2.47倍

 

\キャンペーン割引あり!/

期 間 映像講義 評 価

国内:4ヶ月
総合:6ヶ月

あり
(DVD)

旅行業務取扱管理者,通信講座,費用,授業料

たのまな
旅行業務取扱管理者講座


■通信講座の費用
@国内:38,000円
A総合:48,000円

 

■カリキュラムの特徴
たのまなの講座は旅行業務取扱管理者に必要な基礎知識〜専門知識までをバランスよく学べるカリキュラム。DVDで映像学習→テキスト→練習問題を繰り返すので実力がしっかり身に付く!

 

受講中の質問や相談はメール・FAX・郵便で随時受付。標準学習期間を過ぎても在籍はできるので、国内なら8ヶ月・総合なら12ヶ月間在籍できます。在籍中は質問やサポートもOK

 

\資料請求無料!/

期 間 映像講義 評価

国内:4ヶ月
総合:6ヶ月

あり
(DVD)

旅行業務取扱管理者,通信講座,費用,授業料

 

 

旅行業務取扱管理者の資格とは

旅行業務取扱管理者とは

 

旅行業務全般の管理・監督をするための資格で、『国内』と『総合』に分類されます。

 

  • 国内旅行業務取扱管理者
    国内旅行のみ取り扱い可能。国内の観光地やパックツアーを管理することができる。
  • 総合旅行業務取扱管理者
    国内に加え海外旅行も取り扱い可能。旅行英語や出入国手続きの知識も必要。

 

旅行業者は営業所ごとに1名以上の旅行業務取扱管理者を配置することが定められています。そのため旅行業界全般の就職に強く、旅行代理店やツアーコンダクター・カウンターセールスなど憧れの業界で活躍できます!

国内旅行業務取扱管理者

国内旅行業務取扱管理者 資格

 

「総合」取得のステップになる国内旅行業務取扱管理者。この資格のメリットは

 

  • 学習範囲が総合より狭い(約6割程度)
  • 合格すると総合の2科目が免除になる

 

という点です。国家資格なので就職にも強く、旅行業界を目指すならまず国内を取得しておきたいところ。

 

国内旅行業務取扱管理者の資格試験
試験日 9月初旬の日曜日
申込期間

郵送:6月上旬〜7月上旬
持参:6月下旬〜7月上旬

受験資格 なし(誰でも受験できる)
受験料 5,800円(振込)
受験会場 北海道、宮城、埼玉、東京、愛知、大阪、広島、福岡、沖縄
試験形式 全問マークシート(2時間)
試験内容

1.旅行業法及び、これに基づく命令
2.旅行業約款、運送約款および宿泊約款
3.国内旅行実務

合格基準 各科目の60%以上正解で合格

 

国内旅行業務取扱管理者は受験資格不要です。受験者の割合では約半数が学生で、旅行関連業は約12%ほど。未経験からでも十分にチャンスがあります!

 

国内旅行業務取扱管理者の合格率

2017年
(平成29年)

33.1%
(5,081人が合格)

2016年
(平成28年)

29.3%
(4,408人が合格)

2015年
(平成27年)

29.3%
(4,249人が合格)

2014年
(平成26年)

30.9%
(4,702人が合格)

2013年
(平成25年)

36.8%
(5,534人が合格)

 

国内旅行業務取扱管理者の合格率は例年30%前後で安定しています。国家資格と聞くと難しいイメージがありますが、難易度はそこまで高くありません。

 

 

総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者 資格

 

海外旅行も扱える総合旅行業務取扱管理者は、『旅のスペシャリスト』として企業から高い需要があります。

 

  • 扱える仕事の幅が一気に広がる
  • 就職・転職に非常に強い
  • 資格手当を出す企業もある

 

など取得のメリットは計り知れません!将来的にぜひ目指しておきたい資格です。

 

総合旅行業務取扱管理者の資格試験
試験日 10月中旬の日曜日
申込期間

郵送:7月上旬〜8月上旬
持参:7月下旬〜8月上旬

受験資格 なし(誰でも受験できる)
受験料 6,500円(振込)
受験会場 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡、沖縄
試験形式 全問マークシート(200分)
試験内容

1.旅行業法及びこれに基づく命令
2.旅行業約款、運送約款および宿泊約款
3.国内旅行実務
4.海外旅行実務

合格基準 各科目の60%以上正解で合格

 

「国内旅行業務取扱管理者」に合格していると、試験範囲のうち以下の項目が免除されます。

 

  • 旅行業法及びこれに基づく命令
  • 国内旅行実務

 

総合旅行業務取扱管理者は『国際航空運賃の計算』や『英語問題』など試験範囲が広いので、少しでも集中して覚えるために「国内」合格による免除は勝ち取っておきたいところ!

 

総合旅行業務取扱管理者の合格率

2017年
(平成29年)

23.4%
(2,324人が合格)

2016年
(平成28年)

26.1%
(2,750人が合格)

2015年
(平成27年)

22.8%
(2,296人が合格)

2014年
(平成26年)

28.7%
(2,976人が合格)

2013年
(平成25年)

25.7%
(2,781人が合格)

 

総合旅行業務取扱管理者の合格率は例年25%前後ですが、年度によって1,000人近く合格者が少ないケースがあります。

 

合格者の大半は旅行業従事者で、専門性の高い問題が数多く登場します。4人に1人しか合格していない点を考えても、難易度はやや高めと考えてよいでしょう。

 

 

旅行業務取扱管理者の
確実な合格を勝ち取るなら

旅行業務取扱管理者 資格 合格

 

旅行業務取扱管理者の資格は独学でも取得できますが、確実に一発合格を目指すなら通信講座を積極的に活用しましょう。

 

通信講座は毎年の試験の傾向を掴んでいるので、合格まで最短距離で効率よく勉強できます。試験対策で考えれば

 

  • ユーキャン
    (受講者の80%以上が初心者から学習)
  • フォーサイト
    (一般合格率より2.47倍も高い合格率)

 

の2社なら高い合格実績があります。通信講座の費用も安いので、独学で消耗するより手っ取り早く知識を身に付けることができますよ!

 

\資料請求無料!/

 

\キャンペーン割引あり!/